So-net無料ブログ作成

世界の森林率を調べてみた。 [データ]

枝廣さんの『地球のためにわたしができること』に触発されて、世界の森林率について調べてみた。

世界の森林率は、FAOの資料を見ると、分かりやすい。
http://www.fao.org/forestry/41256/en/

これが、世界の森林の分布を示したもので、世界には39億ha、陸地の30%を占める森林面積がある。
世界の森林2.jpg

こちらが、森林面積の変化を示したものである。
年間730万haの森林が2000‐2005年の間に、また年間890万haの森林が1990-2000年が失われ、南アメリカ、アフリカでの損失が特に顕著である。
世界の森林3.jpg

また、Global Forest Resources Assessment 2005を見ると、森林率の高い地域・国が分かり面白い。
http://www.fao.org/forestry/fra2005/en/
世界各地域の森林面積.jpg

森林率の高い国順に示すと、日本の森林率は68.2%であり、世界229カ国のうち、第18位である。
森林率の高い上位20カ国の森林面積と森林率.jpg

森林面積の多い国順に示すと、日本の森林面積は世界第23位であり、第1位のロシアの3%、第2位のブラジルの5%、第3位のカナダ、第4位アメリカ合衆国の8%、第5位中国の13%である。
森林面積の多い上位25カ国の森林面積と森林率.jpg

しかし、このように木材資源の多い、アメリカ合衆国、中国は既に木材輸入国となっており、それぞれ木材輸入量が、第1位米国 70 百万㎥、第2位中国 43 百万㎥、第3位日本 25 百万㎥である。(三菱総研資料

今後、日本のPPP(購買力平価)が落ちると、木材を購入する費用が割高になっていくのかもしれない。
※昨年は、原油高の高騰に伴い、輸送費が嵩み輸入木材よりも国産木材の方が安く購入できるものもあったと聞く。

そのような中、国内の木材自給率は22.6%と低く、今後、農業自給率とともに上昇させていくことが望まれる。
日本の木材の供給量と自給率.jpg(森林・林業学習館作成資料)

『地球のためにわたしができること』を読んで。 [本からの引用]


地球のためにわたしができること―What we can do to save the Earth.

地球のためにわたしができること―What we can do to save the Earth.

  • 作者: 枝廣 淳子
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本


この本、エコプロダクツ展の本屋さんで、思わず衝動買いした本です。

それは、枝廣さんが『不都合な真実』の訳者で、私が勝手にリンクを張らせて頂いている『温暖化新聞』の発行者であるのと同時に、枝廣さんの 柔らかな こころ が伝わってきて、とても良いからです。


不都合な真実

不都合な真実

  • 作者: アル・ゴア
  • 出版社/メーカー: ランダムハウス講談社
  • 発売日: 2007/01/06
  • メディア: 大型本


e's.jpg

枝廣さんによるこの本の環境メールニュースを読んでみました。
http://www.es-inc.jp/lib/archives/070425_093422.html

ね。是非、手にとって読みたくなるでしょう?

さて、『地球のためにわたしができること』で紹介されているものを調べてみました。

●100万人のキャンドルナイト(今日の夜8時~10時は、キャンドルライトで♪)
http://www.candle-night.org/jp/
100万人のキャンドルナイト.jpg

●チームマイナス6%でレジ袋の削減は紹介されています。
(チームマイナス6%)http://www.team-6.jp/
(ACT 5)http://www.team-6.jp/about/action/05.html

レジ袋の再使用や、風呂敷、エコバッグが有効♪
韓国では、レジ袋の有料化は法律で定められているとか。

●レジ袋削減キャンペーン(環境省)
http://www.env.go.jp/recycle/info/stop_ya/

●日本人の紙の使用量は1年に250kg。
 裏紙をメモ用紙に使いましょう。
 ところで、これがバナナペーパー
http://www.kenaf.jp/banana.html
http://www.shiozawa.co.jp/bananapaper.htm

bananapaper 2.jpg

●わりばし・マイはし
 http://www.es-inc.jp/shop/7_5.html
e's shop.jpg

 因みに、日本の割り箸の消費量が248億膳と言われており、そのうちの223億膳(約90%)が中国からの輸入となっています。また、その材料となる木材の約67パーセントがロシア、蒙古からの輸入でまかなっているのと言われています。

割り箸の輸入量.jpg

やはり、マイはしを使うか、国産材の割り箸を使わなくちゃ。
だって、日本は森林率がフィンランドに次ぐ第二位の国で、間伐されるハズの木が沢山、腐っているのだもの。
勿体無いですよね。

●海と空のエコロジー消しゴム
 http://www.seedr.co.jp/kankyo/kankyo2.html
海と空のエコロジー消しゴム.jpg

など多数。

読んでいて、優しい女性の 素直なこころ に触れられて、エコな気持ちが育つ本。
お勧めいたします。

こんなCMいかがであろうか? [アイディア]

消費者が作成するCM。

①CMコンテストを開催すると知らせる。
 CMコンテストは、商品を購入した者のみが参加でき、商品と本人が写った動画・画像を募集する。

②審査を行い、優秀な作品は、動画は動画で、画像はポスターにして、流す。

狙い。
①CMコンテストを開催することで、ターゲット商品を消費者に購入するよう促す。
②商品の紹介を、消費者に行ってもらう。(優秀な作品が集まる。)
③CMコンテストに参加した消費者に、ファンになってもらう。
④参加した消費者が、知人や友人に紹介するようになる。

その結果、もしかしたら、街のアイドルや、新たなモデルが出てきたり、
次の商品企画が生まれたり、するかもしれない。

派遣労働者のあり方について [メモ]

大前LIVE(08' 12/15)を見て、派遣等の労働者は、ある程度必要なものと思った。
http://bb.goo.ne.jp/study/program/ohmaelive2/00/index.html

需要供給の状況にある程度合わせて、労働者が必要である。
仮に、簡単に労働者を調達できない場合は、仕事がアウトソーシングとなっていき、
単価の安い国に仕事が移っていくため、
結局、将来的に日本から仕事が無くなることが想定できるためである。

また、TOYOTAを中心に、ライバル企業より延命できる企業があれば、長期戦・持久戦に持ち込む。
削るところを削り、消費者の志向に合わせた商品の提供をしていけば、回復できるものと思われる。

との内容を見て、会社の存続の危機において、どのような手段・どのような地域・工場の派遣を解雇すれば、
問題の無いように出来るのかが鍵になると思った。

エコプロダクツ展に行ってきた。

エコプロダクツ展とは、日本最大級の環境展示会である。
開催日は、12月11日~13日であり、来場者数も昨年より0.5%程伸び、来場者数・出展者数ともに過去最大となったとのことである。
http://www.eco-pro.com/

今年の展示の中で、特に面白かったものは、王子製紙である。このブースでは、再生紙の原料が床に敷き詰めてあるのと同時に、敷居が段ボールやミルクカートンとなっており、再生紙にはどのようなものが使われているのかが、実際に手に触ることが出来て、良かった。(是非、偽装事件より立ち直って、頑張って頂きたい。)
王子製紙.jpg

また、SONYのブースでは、色素増感太陽電池を子供たちが作っていたり、TOYOTAのブースにはiQが、また三菱にはiMiEVがあったりして、次世代を切り開く環境商品があり、面白かった。
P1012262.JPG

環境商品やCSRと聞くと、次のようなものが私のイメージの根底にある。
名称未設定 2.jpg
名称未設定 3.jpg
名称未設定 4.jpg

エコプロダクツというと、この商品ストラテージに何らかの環境価値を見出したもの・価値を付加したものと思われるが、どの環境問題とリンクして、どれだけの効果を期待・想定しているのか、そしてそれは有効なものなのかが、特に使用時に見出したものについては定量的に示されておらず、分かりにくいものも中にはあったような気がした。

また、この100年に一度の世界恐慌により、CSRのフレームワークに綻びが出始めており、エコプロダクツ(商品)だけで乗り切れるのか疑問である。(それよりも上位の見直しも必要なのかもしれない。)

また、先日も紹介した日本の二酸化炭素排出量の削減に省エネ技術やエコプロダクツが必要不可欠であるのと同時に、アメリカやヨーロッパでも環境をキーワードに乗り切ろうという方向性が見えているため、是非、日本の環境技術、エコプロダクツを更に良いものとし、世界をリードして行って欲しいと思った。

http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/img/225/fb3.1.1.5.gif

なお、出展者数が多く、すべてをゆっくり見て回ることが出来なかったのが、心残りである。

こんな車に乗りたい [アイディア]

ふと、こんな車に乗りたいと思った。

それは、目的地を登録すると、その場所までナビで連れて行ってくれる車というのは従来通りなのであるが、それに加えて、周辺情報と評価、関連スポットをいっぱい紹介してくれるナビ&車。

たとえば、目的地に行くまでに通る県や市町村の特産品等、その土地の風土に関する情報を紹介してくれる。そして、それを経験・体験できるスポット、他のユーザーから評価の高いスポットを案内してくれるナビ&車である。

また、道中に越える河川や、少し遠くに見える史跡であっても、その情報を紹介してくれる。そして、興味を持って応答すると、更に詳しく、どこまでも深く、時に派生しながら、色々なことを教えてくれる。水源や野鳥が集まるスポットに、魚釣りのポイント、歴史や逸話、記念館や博物館、その展示内容等。そして、近くの、または著名なスポット等。

ビル等の建物であれば、その名称、所有している会社名、どんなテナントが入っているのか、また関連スポット等を紹介してくれる。
有名な建築家の設計のものであった場合、その建築家が建てた他の建物や似た建物等。
建物がデパートやモールの場合、お勧めポイント(ショップや、グルメ、プレイスポット等)やイベント等、またよりユーザーの嗜好にあった場所等。映画館の側を通り過ぎたら、上映時刻と、映画のタイトル、空席状況などを教えてくれると嬉しいのかもしれない。

そんな、ユーザーに合わせたお勧めスポットや経験・体験を次々と提案するとともに、情報を提供してくれる車に乗りたいのである。

ともすれば、運転中は、音楽を聴くとか、ラジオを聴くとか、(テレビやDVDを見るとか)になってしまうが、知りたいと思うのに情報の入手が困難であったり、いつの間にか通り過ぎてしまって、ちょっと残念な思いをしたりする。

また、あとで振り返ってみたり、知り合いにその旅の報告をすると、途中には有名な温泉が湧いているのに素通りしたの?とか、あんな遠くまで行ったのに、あの名産を食べずに帰ってきたの?とか、あの素晴らしい夜景を見ずに帰ってきたの?という、ちょっと悔しい思い出や苦い思い出があったりする。

昔、カーナビがない時代、車に乗る時には、その目的地に行くまでのルートを探したり、途中、どこで寄り道をしようか等と考えたものである。

最近は、カーナビに頼り、車は目的地と現在地をつなぐ道具としての利用、いかに早く、楽に、安く、エコにいけるかのみに興味がいってしまい、新しいところに行きたい、こんなことを知りたい、そして見てみたい、経験してみたいという、次につながる積極的な気持ちが湧いてくる乗り物になっていないのではと思う。

そこで、車に乗っていると、次々と色々なことを見る、聞く、そして経験・体験できるような車。もっと色々なところに行ってみたい、今回は時間が合わなくて駄目でも、次回はここに行きたいと思わせる、そんな車に乗りたいと思う。

そして、そんなナビ&車であればこそ、人生をもっと豊かにしてくれるのかもしれない。

欲を言えば、過去に行ったところや、いつか行ってみたいと思うところは、記録しておくことができると良い。ちょっと生活に疲れたときに振り返ることができたり、普段車に乗っていないときでも、ユーザー同士で情報を交換しあったり、コメントや評価をチェックしあったりすることが出来ると、趣味の合う仲間が出来たり、他のユーザーに刺激されて、また車に乗りたいと思うのではないだろうか。
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。