So-net無料ブログ作成

トルコ旅行 5‐7日目

●5日目カッパドキア地方。(5日目の写真)
 ・カイマクル地下都市
 ・ギョレメ岩窟教会(野外博物館)
 ・洞窟民家訪問(世界遺産に住む人の自宅拝見)
 ・ローズバレー
 ・洞窟ホテルに宿泊

 1年・1日の寒暖の激しいトルコで地中に住む方が快適である。
 また、訪問した世界遺産の洞窟に住む人々の暮らしの中には、
 テレビがきれい映る環境があり、ガスも使え、不自由が少ない。
 また、キリスト教迫害の中で、信仰が残り、岩窟の中に教会があり残ったのは素晴らしい。
 





Picasaウェッブアルバム写真(撮影者Moto30)トルコ5日目

●6日目イスタンブール(6日目の写真)
 ・ブルーモスク(スルタンアフメト・モスク):世界で最も美しいモスクと言われる。
 ・アヤソフィア
 ・トプカプ宮殿
 ・地下宮殿(東ローマ帝国の大貯水槽)




Picasaウェッブアルバム写真(撮影者Moto30)トルコ6日目

 世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、
 内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、
 白地に青の色調の美しさからブルーモスクとも呼ばれる。



●7日目イスタンブール(7日目の写真)
 ・ボスポラス海峡クルーズ
 ・グランドバザール




Picasaウェッブアルバム写真(撮影者Moto30)トルコ7日目

トルコは親日派?が多い。

■明治時代(1890年)に和歌山県沖でトルコ船「エルトールル号」遭難事件があった際に多くの人々が精一杯の人命救助をしたこと。

■同じく明治に日本が対ロシア戦争でロシア艦隊(当時最強といわれたバルチック艦隊)を破った事実が、ロシアとの国境を持ち脅威にさらされていたトルコ国民には感激であったと言われている。


一方で、こんな恩恵も受けている。
●イラク・イラン戦争勃発に際し、イランからの脱出にあたり日本政府がモタモタしたために期限切れとなってしまう。さらにテヘラン上空に来た飛行機はミサイルで落とすと言明したのに危険を覚悟で、トルコ航空が日本人救援機を飛ばしてテヘラン空港に待機していた日本人を間一髪で救援したことがあります。

最近では、
●イスタンブールのボスポラス海峡に2本架かる橋のうち、2番目に出来たファーティフ橋はIHI(石川島播磨)などの企業連合が建設したものである。
●2012年に完成予定の海底トンネル『ボスポラス海峡横断鉄道トンネル』は、大成建設が作っているものである。


1890年頃というともう1世紀も前の話で、日本ではそれほど学ばない、日本人にとって馴染みの薄いことのように思えるものの、トルコでは学校の教科書で必ず学ぶという。

5000年もの歴史を持つトルコで、今も大切な史実として扱われているのは、日本人としてとても嬉しく思うのと同時に、日本人としての誇り、ルーツを大切にしなくてはならないと思った。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トルコ旅行。3日目-4日目。 [旅行]

トルコは、歴史があり、美しく、治安は(多分)良い国で、素晴らしい国ある。

CIAのFACTBOOKによれば、
トルコのGDP - per capita (PPP):
$12,300 (2010 est.)  country comparison to the world: 94

因みに日本は、
日本のGDP - per capita (PPP):
$34,000 (2010 est.) country comparison to the world: 38
と、日本の約3分の1である。
※改めて、日本はシンガポールや、香港、台湾などにPPPで負けているだけでなく、アメリカ、カナダ、スカンジナビア半島3国等に負けていることに気付く。

さて、トルコ人は、優しい、明るい、(何となく?)親切で、
(世界遺産を回る旅をしているためか?)見る街に、歴史があり、
それでいながら、美しく、垢抜けている感がある。

■3日目は、イズミールやエフェソス(エフェソス遺跡、アルテミス神殿)、バムッカレ、コンヤ(メヴラーナ博物館)を回る。(3日目の写真

エフェソスでは、エジプトのクレオパトラまで来たという野外劇場、その当時世界で3番目に大きかったと言われる図書館。
Picasaウェッブアルバム写真(撮影者Moto30)トルコ3日目



また、古代世界7不思議と言われるアルテミス神殿(総大理石。アルテミス神殿はどこにでもある、現在は柱だけ。)を見る。

Picasaウェッブアルバム写真(撮影者Moto30)トルコ3日目

宿泊はバムッカレ。温泉地でプールがついていた。


■4日目は、ヒエラポリス観光(世界遺産)。4日目の写真
ペルガモン王の創始者エウメネス2世が、紀元前190年に、自分の妻である、
アマゾンの女王ヒエラに因んで、ヒエラポリスと名付けれられた都市。
※ペルガモンは、小アジア(アナトリア)(現トルコ)のミュシア地方にある古代都市。
石灰岩でできたまるで雪山のように美しい景色と、湧き出る温泉を楽しむ人々。



Picasaウェッブアルバム写真(撮影者Moto30)トルコ4日目 a>
Picasaウェッブアルバムの写真(撮影者Moto30)


石灰岩にたまった、自然の足湯を楽しむ。


そのあと、コンヤまで移動。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トルコ旅行 2011年8月12日~8月19日 2日目 [旅行]

8月12日ー20日、トルコ旅行。

トルコは日本の2倍の国土があり、 唯一、ヨーロッパとアジアを持つ国である。

初日は、12時間飛行機に乗り、イスタンブールに着く。トルコ航空は、エコノミークラスでもiPhone専用のジャックがあったり、映画が豊富にあったりと快適。

2日目は、世界遺産トロイ遺跡を見る。  2日目の写真
トロイ遺跡は、紀元前3000年から紀元85年まで、時代に分かれて9市ある。
そのうち、トロイ戦争は、6市の話。
ガイドによると、発見者であるシュリーマンは、考古学者ではない為、この積み重なった歴史を発掘の際に壊してしまった。また、採掘品を相当盗んだとして、評価は低い。

Picasaウェッブアルバムの写真(撮影者Moto30)トルコ旅行(2011年8月12日-17日)2日目(主にトロイ遺跡)

ホテル到着後、ホテルにあるトルコ風呂に入る。トルコの母国語はトルコ語で、英語が通じず、多少苦労するが、水着着用で良く、垢すりをして貰った後、身体を洗って貰えて、とても快適。


今回の旅は、殆どが移動となるが、バスは快適で、参加者21名、添乗員・ガイドと2人付き快適である。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。